読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

ブログ飯があるなら、はてな飯があっても良いのでは?

もし、はてな飯が存在するとしたら?

 

今回はちょっと気になったことを書いてみた。

正直Twitterでも良かったけど、一応という形で。

 

 

完全に思いつきだが、はてな飯というのが浮かんだ。

要ははてなに就職することだが副業でブログも運営して、

管理する立場とユーザー側の両方を経験しながら学習していき、

将来的には運営の中心などになりサービスを向上させ、

ユーザーを増やしながら会社を大きくしていく。

 

…と、社員でも経営者であることを意識しなさいと言われているのを

働いた時期に言われたことがあったので(損得勘定を意識すること)。

※僕は現在は就職活動をしながらブログ運営をしている。

 

社員以外ではてなに限定したブログ発信でお金を稼ぐとなると、

他のブログサービスみたく所属ブロガーとかになるのかな。

 

それがなければアドセンスなどのサービスを利用することになるけど、

他の仕事に結びつけるとはてな飯ではなく、はてなブログという発信地を元に

仕事をいただいているという形になるので正確には違うものになるだろう。

 

本当に思いつきで書いたことなので何とも言えない部分があるが、

要ははてなに就職するか所属ブロガーサービスを開始すれば、

真の意味でのはてな飯をすることができるようになる…と思う。

あとは…ブログの書籍化もはてなが出版したいとなればはてな飯の稼ぎかな?

 

なお、有名ブロガーは知っていても所属ブロガーについては知らないので、

もし、いたらごめんなさい。

 

なお、他の仕事になるべく関わっていないはてな飯となると、

アドセンス+はてなブックマークのバズかな。

Googleからの規約を守ること自体が仕事であること、

そして、多くの人に有益な情報をすばやく拡散させてアクセスを稼ぎ収益を得る。

後に信用性の高い情報として検索上位の候補に挙がる(財産化)。

 

…理想論だけどね。

 

おしまい♡