読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

デストロイアンドレボリューションに破壊する意味を考えさせられた。

f:id:sugachannel:20170218140949p:image

出典:デストロイアンドレボリューション・1巻 森恒二・著

 

正しいこととはルールを守った上で

できるだけのことをするだけなのでしょうか?

 

こんにちは。

 

革命家ブロガーのすがちゃんです。

デストロイアンドレボリューションに破壊する意味を考えさせられた。

スポンサーリンク

 

 

もくじ

 

【公式サイト】

youngjump.jp

 

※2巻までの感想になります。

 

キーワード:ワンネスとは?

 

1.主人公・マコトが使う超能力。

対象に触れることなく中から破壊することが可能で、

外側の傷(血など)などは発生しない。

えぐり取られたような見た目が特徴。

 

2.主人公の組織・問う者のもう1つの呼称。

国に革命を起こすため活動する集団。

 

家庭環境に恵まれなかった超能力者・マコトと

裕福な育ちながら国に疑問を持つ感の鋭いユウキという

特殊な経歴を持つ2人の高校生が

国に革命を起こすために活動する物語です。

 

まず、犠牲者を出すことを前提とせず、

何のために破壊するのかが描かれています

(政治家の財力を削る戦略)。

 

マコトの意志で犠牲を出さずに

破壊行動をしていましたが、

やがて、その方針も通用しなくなってきます。

 

手を汚すのは能力を共有した大槻さんですが、

「気づき」による繋がりで精神的には

犠牲者を出していることからは逃れられません。

 

問う者と警察のかけひきが面白いことの他に

変革のために手を汚す覚悟について、

マコトの苦悩にも考えさせられました。

 

なお、小島さんが正ヒロインでしょうが、

ユウキも中性的な外見や実質コンビということから、

彼もヒロインの要素が強めです。

 

よって、今に始まったことではありませんが、

作中でも見られるようにボーイズラブの

テイストを感じられました。

 

続きが読みたくなるのは能力バレのチラ見せ感。

スポンサーリンク

 

 

女性エリート刑事の中村さんに偶然とはいえ、

ワンネスを使っている現場を見られてしまった!

 

小島さんと夜に公園デートをしていたら、

質の悪い常連客に絡まれた際に彼女を守るため

能力を使ったら警察から疑われることに…!

 

そう、警察からも能力の検証をされていたりと、

いつかバレるんじゃないか!?って、

ドキドキハラハラすると同時にワクワクします。

 

証拠が出ないから直接的な問題はないものの、

精神的負担はかかっているのだけは間違いはありません。

 

いわゆる、スリル要素でしょうか。 

 

ワンネス能力者は量産すれば世界征服も可能だけど、ハイリスクである。

ワンネスの能力は共有することができます。

量産できれば敵なしになりますが、

共有者が限定されることと、覚悟も必要です。

 

 f:id:sugachannel:20170218132442p:image

出典:デストロイアンドレボリューション・2巻 森恒二・著

 

あまり物事にとらわれない大槻さんには行き渡りましたが、

 f:id:sugachannel:20170218120302p:image

出典:デストロイアンドレボリューション・1巻 森恒二・著 

 

ユウキはその勘の鋭さから

ワンネスを共有できませんでした。

 

ワンネスを共有する資格がある人物とは?

  • 能力自体と相性も必要。
  • 国を変えるために
    人の命を奪う覚悟がある。
  • 能力を内密にできる。
  • 身体にも精神にも負担がかかるので、
    それに耐えられるかどうか。

 

2巻まで読んだ上での予想なので、

続巻で詳細は語られるでしょうが…。

 

さて、マコトは犠牲者が出ることを拒みますが、

そのやさしい気持ちから能力を持っています。

 

先の繰り返しになりますが、

共有者が彼の代わりに破壊活動をしても

意識は流れてくるので罪悪感などの

精神的な負担からは逃れることはできません。

 

よって、直接手を汚さず国を変える能力でも

人を犠牲にするという重みを背負うことになります。

 

酒屋の看板娘・小島さんと仲良くなったことで見えた、もう1つの可能性。

f:id:sugachannel:20170218132620p:image

出典:デストロイアンドレボリューション・2巻 森恒二・著 

 

もし、マコトがユウキと深く関わらなかった場合、

高校の同じクラスでバイト先の酒屋の看板娘・小島さんと

仲良くなって、そのまま将来のパートナーになる

…という未来が簡単に予想できます。

 

作品として成立しなくなりますが、

現実的に見れば破壊による革命という行動をせずに

大切な人との幸せを手に入れる道もあったはず。

 

能力も質の悪い常連客にしたみたいに

あくまで守るために使うのみになるでしょうし、

マコト自身も墓まで持っていく覚悟で

生涯、自分だけの秘密として隠し通すかと思います。

 

命を重く感じるからこそ、人間でいられる。

スポンサーリンク

 

 

能力と戦略で革命を起こす作品なので、

デスノートやコードギアスが好きな人におすすめ!

両方とも超能力で世界を変える名作です。

 

デメリットはマコトの覚悟が中途半端だからこそ、

ヘタレに見えてしまってイライラする可能性があること。

これはギアスやデスノートの最初の犠牲者を出した時にも

描写されていますが、それが長く続いている状態。

 

もちろん、理由もあってフォローもされていますが、

問う者メンバーの目的意識がしっかりしているからこそ、

余計に際立ってしまっているのも事実です。 

コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

コードギアス 反逆のルルーシュ 5.1ch Blu-ray BOX (特装限定版)

 

 

アニメ「デスノート」 Blu-ray BOX (7枚組)

アニメ「デスノート」 Blu-ray BOX (7枚組)

 

 

おわりに。

期待しているのはマコトが犠牲者を出すことを

覚悟して国を変えることを実行していくことです。

 

さすがに他メンバーだけに手を汚させるのは

都合が良すぎてしまいますので。 

 

P.S.

予想ですが、スタンドの老人は未来のマコト?

外見が似ていることが要因です。

 

 

おしまい♡ 

 

【トップに戻る】

www.sugachannel.net

 

おまけ・ライフハック注意報!

現状維持や既成概念を破壊し、

自分に革命を起こし続けましょう。

 

それは人間としての進化を続けることを意味します。

(セルフ)デストロイアンドレボリューションです。

 

現在進行形で実行できるのが理想論ですが、

むずかしいことなので、少しずつ実践してみましょう。

 

今すぐマンガを読むべき!