読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

【自己完結】禁じられた遊びの重要性。

f:id:sugachannel:20170216153150p:plain

出典:http://1.bp.blogspot.com/-IGD1pcj4ZB0/VYJrp4qVaWI/AAAAAAAAuh4/VsP1Hq5qtBo/s800/mizudeppou_kids.png

 

何して遊んだ?(意味深)

という表現をよく見かけます。

 

こんにちは。

 

性欲に対して真面目に向き合う

コラムニスト・すがちゃんです。 

自己完結・禁じられた遊びの重要性。 

スポンサーリンク 

 

今週のお題「何して遊んだ?」

夢中になっていた遊び、覚えていますか?

子供のころ流行っていた遊びや、

自分しかやっていなかった遊び。

今お子さんと一緒に夢中になっている

遊びなどについて投稿してください。

たくさんのご応募、お待ちしております。

 

出典:はてな

 

blog.hatena.ne.jp

 

もくじ

 

【注意書き】

性欲について取り上げていますが、

ダーティジョーク(下ネタ)ではなく

本能や行動力としてのことなので、

ご理解をお願いいたします。

 

自宅警備員は食欲・睡眠欲を満たされているから性欲を禁じられた遊びで自己完結すればコスパ最強という思いつきから考えた自己論。

f:id:sugachannel:20170216153500p:plain

出典:http://4.bp.blogspot.com/-5z3Hrgeh_0E/U00KFJ4NcqI/AAAAAAAAfN4/Hj80LS_SDp0/s800/gakusya.png

 

同時に本能による行動力も失っているのも

同然というのが弱点だろうか。 

 

人間は現状維持を好むからこそ、

常に欲深くなる必要もあるのだ。

 

そのバランスを取りさえすれば、

暴走せずに慎ましい人生を送れるだろう。

 

自宅警備員・コスパ最強説!

f:id:sugachannel:20170216154542p:plain

出典:http://1.bp.blogspot.com/-EKwadXCNlh8/WIHlObhUJMI/AAAAAAABBNw/W0Nlro4KHQADfdAsn9BQdT5Xub8JKk9gQCLcB/s800/sports_body_builder_man.png

 

自宅警備員は親には迷惑をかけているが、

他人にとっては無害な存在である。

 

むしろ、世間体でサンドバックにされている現状に

応じた労力に対して給料を払うべきだろう。

 

早速だが、本題に入る。

自宅警備員とは蔑称としてひきこもりと呼ばれている。

嘆かわしい現実問題だがコスパの略称でおなじみの

コストパフォーマンスとして見るならどうだろうか。

 

三大欲求から考察してみた結果をご覧いただこう。

  • 食欲
    必要以上に食べなければ省エネだ。
    食事も食費も節制の時代だ。

    運動なら家の中でもできるので、
    生活習慣病のリスクを下げる努力は可能である。

  • 睡眠欲
    自分の部屋の布団でぐっすり眠る。
    何時に起きようとも肉親であれ、
    殆どの場合、合わせるのは食事の時間の都合だけ。

    考えてみてほしい。

    夜勤の仕事など、昼夜が逆転する職業もある。
    それなのに食事の時間だけで
    睡眠の邪魔をする親がどこにいるだろうか?

    もし、夜型の人間になっているなら、
    時間帯の慣れを活かして夜勤の仕事に
    就くという発想ができる。

    何もしていないから他の人間と
    時間を合わせないといけないという考えをし、
    自宅警備員を見下している方がおかしいのだ。

    好きな時間に眠り、起きるのが自然の摂理ではないのか。
    陽が昇る時間に活動するのも大切だが、
    身体に応じた活動時間を作るのも大事なことである。

  • 性欲
    自己完結で済ませられる。

    特定のサービスもあるが基本的に高コストだ。
    場合によっては病気のリスクもある。
    不幸な性関係なんて、もっての他だろう。

    よって、コスパ最強は自己完結ということになる。

スポンサーリンク 

 

お金を稼げる自宅警備員こそ最強であった。

f:id:sugachannel:20170216154044p:plain

出典:http://3.bp.blogspot.com/-_ICmWZQAbpk/UWgWUdHMt1I/AAAAAAAAQAU/rMZ9BPC6RDg/s1600/cafe_nomad_man.png

 

要は在宅ワーカー。

 

お金さえ入れていれば

一緒に住まわせてくれるだろう

(独立したくない場合だが)。

 

自宅警備員はお金を稼いでいないから

厳しい目にあってしまっているのは事実である。

 

しかし、お金を稼げるならどうだろうか。

在宅ワーカー自体、何も珍しくはない。

あとは生活ができる分だけ稼げば良いだけ。

 

生活面で簡単に思いつくだけでも、

  • 人付き合いを避けることができる。
  • 外に出ないから安全。
  • 買い物はネットショッピング。
  • 娯楽サービスなんていくらでもある。
  • 現場に行けない弱点も映像やVR技術で
    擬似的に楽しむこともできる。

 

重要なところで現場確認できないのが弱点だが、

安全性重視として考えればメリットは大きいだろう。

 

おわりに。

スポンサーリンク 

 

自宅警備員の場合、趣味を自己完結にすると

食欲と睡眠欲は満たせているわけだから、

性欲は禁じられた遊びで三大欲求を満たせることができる。

 

欲に対して我慢することもなく、セーブできているのだ。 

親のすねをかじって情けないとか言っている以前に

欲をコントロールできることに注目するべきだろう。

 

欲望丸出しでガツガツしているなら行動すれば良いだけであり、 

多くを望まないなら先程のようにセーブすれば良いのだ。

 

基盤は出来ているので、後は環境だけである。

基本的に社会はハードルが高く、生きづらいのが現状だろう。

 

ひとつだけ言えるのは自信を持ってほしいということ。

重要な事だから繰り返すけど、欲をコントロールするというのは

頭で考えてもとてもむずかしいことだから覚えておこう。

 

禁じられた遊び

禁じられた遊び

 

 

おしまい♡