読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

聖闘士星矢になりたい! 悪友の夢は俳優の登竜門を意味していた。

f:id:sugachannel:20170209192529p:plain

出典:http://seiya30th.com/images/wallpaper/3/wallpaper_1280x1024.png

 

ペガサス流星拳をお見舞いしてやるぜ!

 

こんにちは。

 

小さい頃の夢はケーキ屋だったすがちゃんです。 

聖闘士星矢になりたい! 悪友の夢は俳優の登竜門を意味していた。

スポンサーリンク

 

 

もくじ

 

この世に邪悪がはびこるとき、必ずや現れるといわれる希望の闘士聖闘士(セイント)。その拳は空を裂き、蹴りは大地を割るという。彼らは神話の時代より女神アテナに仕え、武器を嫌うアテナのために素手で敵と戦い、天空に輝く88の星座を守護としてそれを模した聖衣(クロス)と呼ばれる防具を纏う。そして現代、6年もの厳しい修行を経てアテナの聖闘士となった少年星矢が父に運命を託された実の兄弟たち(アニメ版では同じ境遇の少年たち)と共に地上の覇権を争う神々の争いに身を投じる。

天馬星座(ペガサス)の星矢龍星座(ドラゴン)の紫龍白鳥星座(キグナス)の氷河アンドロメダ星座の瞬鳳凰星座(フェニックス)の一輝、の5人の青銅聖闘士(ブロンズセイント)が全編を通じて物語の軸となる。

 

出典:聖闘士星矢 - Wikipedia

 

はじめに。

 

聖闘士星矢と書いて

セイントセイヤと読みます。

また、僕は聖闘士星矢に

詳しくはありません。

 

アニメで部分的に観たのと、

当時のフィギュアを買ってもらっただけです。

 

今回の記事は小学生の頃の悪友が

夢について書いた作文のお話です。

 

悪友の夢は聖闘士星矢だった。

まず、悪友について。

 

あくまで彼との関係は学校だけで、

プライベートでは関わってはいませんでした。

 

そんな彼と中学でも同じ組になり、

夢は聖闘士星矢だってよ!って

クラス中に言いふらしてしまいました

(確かケンカしたからだったかな?)。

 

男子は笑っていたが、女子にはかわいいと好評。

結果はどうあれ、もうしわけないことをしてしまいました。

その後は仲直りをして、日常が戻ったのですが…。

 

中学卒業と同時に疎遠になり、

最後に見かけたのは成人式でした。

 

そこで彼はテレビで見かけるやんちゃな

ファッションをしていたのを見て、

実際にあの格好をする人間が

いるんだなと実感してしまいました…。

 

現代風に例えるなら、

マイルドヤンキーというものです。

f:id:sugachannel:20170209193139p:plain

出典:http://2.bp.blogspot.com/-moNfsHKQYck/V2vYUVZES8I/AAAAAAAA79c/BPXgiQqVYjMI3tQ-81LynIjOv80xs42FgCLcB/s800/seijinshiki_pipeisu_furyou.png

 

…話を戻します。

彼の幼い頃の夢は聖闘士星矢だった。

 

誰だって、子どもの頃は

強く影響を受けやすいでしょう。

彼にとってのヒーローはまさに

星矢だったということです。

 

戦隊モノやライダーで今も続いている習慣です。

子どもがヒーローに憧れるのは当然でしょう。

本当にそれだけのことです。

 

星矢は鎧を装備してアクションをするので、

特撮ヒーローみたいな要素があったのでしょう。

 

今では俳優の登竜門。

もし悪友の彼と同じく聖闘士星矢になりたい!と

小さい子が声に出したとしましょう。

昔ならともかく、現代では立派な俳優志望だと思われます。

 

テニスの王子様のミュージカルこと、

テニミュによるアニメ原作のミュージカルが

有名になったからです。

 

特徴は若い男性俳優が多く出演していることです。

なお、彼らは有名俳優と比べてしまうと

さすがに無名であり、いわば俳優の卵。

 

ミュージカルも有名人だけのものでしたが、

今ではアニメとミュージカルのコラボ作品が増えて

入門口が広がり、特撮シリーズに続いてイケメン俳優の

登竜門と呼ばれるようになりました。

現在はテニミュに続けと定番のジャンルになりつつあります。

 

よって、彼の夢は俳優の登竜門を小さい頃から

知っていたということになります

(悪く言ってしまうと、時代が早かった)。

 

おわりに。

仲直りの時に彼はこのことを話しても良いと

言っていましたが、あくまでケンカをしたから

思わず過去のことを言いふらしてしまっただけです。

 

なぜ、今になって彼の夢について書いたのか。

それは時代が変わったからです。

 

上にも触れた通り、コミックヒーローになるにしても

(子どもの考えでは)有名人になることが前提でした。

 

現在ではアニメキャラになりたいとなると、

アニメ原作のミュージカルを目指すことになるでしょう。

 

ただ、厳密に言えばコスプレによる発信という

ファン活動からもできるんですよね…。

 

 

以上。

 

彼の夢は時代の先取りであり、

幼い頃に出会った大物のお話でした。

 

P.S.

 

はじめに触れたフィギュアの話ですが、

聖闘士聖衣神話(セイントクロスマイス)が

クオリティが高すぎてびっくりしました! 

tamashii.jp

 

おしまい♡

 

スポンサーリンク

 

 

おまけ・新しく始めてみたいことは? 

blog.hatena.ne.jp

 

活字のみのブログです。

 

画像や映像より文体が

一番の表現だと信じていますので。