読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

HGUCジムを2回組んだ僕が5つの良さを活字だけで紹介する。

やあ、みんな!

ガンプラ(ガンダムのプラモデル)組んでる?

 

ごきげんよう。

 

パチ組みしかしないすがちゃんだよ!

 

いきなり専門用語ですかい!

パチ組みとは説明書通りに組むことである!

 

またまた専門用語だけど、

HGUCとは…!!

  • High(ハイ)
  • Grade(グレード)
  • Universal(ユニバーサル)
  • Century(センチュリー)

ハイ・グレード・ユニバーサル・センチュリーと読む。

それぞれの頭文字を取ってHGUCと呼び、

設定の1/144のサイズでキット化した

ガンプラのシリーズのことを指す。

 

今回はガンプラの話になるけど、

HGUCジムを活字だけで紹介したい。

 

HGUCジムを2回組んだ僕が5つの良さを活字だけで紹介する。

スポンサーリンク 

 

 

もくじ

 

ガンプラを作りたいんだけど、何が良い?

ファングッズとか、思い入れがなければ

僕は迷わずHGUCジムをすすめるだろう。

 

それだけのクオリティがあるし、

今もなお入門向きの名作だからだ。

 

ジムって何よ?

機動戦士ガンダムに登場するガンダムを

簡略化して量産型にしたモビルスーツ(人型ロボット)。

武器はビームサーベルとスプレーガン(小型の銃)。

 

ボディはガンダムを赤くしただけに見えるが、

顔は丸く、カメラアイが凸の字のようなデザイン。

 

主な活躍はライバル・シャアが乗るズゴック

(鋭い爪が特徴の水中戦を得意としている機体)に

貫かれてしまうシーンなど、名やられ役であること。

 

その弱いイメージからかわいくも見えるが、

他のガンダムシリーズではジムの強化版が

発展するにつれ、カッコよくなっていく。

 

機動戦士ガンダムは宇宙世紀が舞台だが、

それ以外のシリーズでも

ジムの流れをもつ機体が登場する。

 

例を挙げると機動戦士ガンダムSEEDの

ダガーで、舞台はコズミック・イラ。

 

HGUCジムでガンプラデビューすべき5つの理由

  1. 値段が安い!
    税別で700円!
    複数買って部隊を作るのにも向いている。
    改造のベースとして買うのもおすすめ!

  2. 弱そうなイメージを完全再現している。
    ガンダムは強そう風格を持つが、
    実はシンプルなデザイン。ジムはそれを
    簡略化したことで弱そうになっている。

  3. 動かして遊ぶ。
    さすがに最新キットには大きく劣るが
    最低限の範囲では動かせるので問題ないだろう。

    なお、腰に少し角度をつけることができるぞ!

  4. パーツが少なめ。
    よって、組む時間も少ないことになる。
    それでいて、クオリティはしっかりしている。

    ガンダムより、よりシンプルなのがジムの強みだ。

  5. 色分けがほぼ完璧。
    シールはボディの黒の部分のみ。
    脚は少し緑かかっているけど、
    作品によっては白く見えたりもするので、
    あまり言いたくないけど好みの問題かも。

    カメラアイがクリアパーツなのが嬉しい。

 

おわりに。

最近のならHGバルバトスが税別1000円は破格だと思う。

それだけでバンダイさんの凄さが分かる。

 

あと、鉄血のオルフェンズはIBOだから、

アイアン・ブラッド・オルフェンズ?

超カッコいいシリーズじゃねぇか…!

 

共通パーツによる組み換え遊びも

ビルドファイターズの影響で盛り上がっているし、 

武器セットも定番化されて

ますますガンプラからは目が離せないだろう。

 

そんな中で今回、昔のキットである

HGUCジムを紹介した。

単に安いからだけではなく、組みやすいからだ。

最新キットは動く分、パーツが多くなる。

まずは完成させる喜びを感じてほしい。

 

アニメチックなプロポーションに

動きすぎないガンプラがHGUCジムだ。

 

入門用として有名だが、

その理由を組んで感じてほしい。 

 

P.S.

ガンプラで後づけ設定のことを

新解釈と呼ぶことを学習した。

 

ガンダムを見ればわかることだけど、

昔のアニメと今のガンプラのガンダムは

いかに設定やデザインが追加されているかを

見ていくと興味深いものがあるだろう。

 

 

おしまい♡

 

スポンサーリンク