すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

B型自分の説明書を読んだら、思い当たることがありすぎた。

いつもありがとうございます。すがちゃんです。

 

数年前に血液型占いなるものが流行しました。

人を血液型で決めつけるような方法でしたので、評判はよろしくはありませんでしたが…。

B型自分の説明書

B型自分の説明書

 

 

もくじ 

 

B型自分の説明書

さて、こちらは名前の通り、B型の人に対しての説明書になります。

僕はB型なので読んでみました。

 

質問形式でチェックを入れて、自分なりの説明書を作るのですが、

思い当たることが多すぎて、ネガティヴな気持ちが増長しました。

 

しかし、不思議なことにこれが面白いです。

あくまでマニュアルであり、質問も厳しい言い方ではありません。

 

要はネガティヴなところを突っ込まれるけどストレスなく使える、ということです。

 

 

同じB型の方が本書をお試しになる際は落ちこまず、楽しく使えるでしょう。

B型でない方も血液型にありがちな話だけですので、長い目で見ていただければ幸いです。

 

また、人間はみんな違って当たり前です。

血液型で当てはめて判断するものではないことを忘れないでください。

 

本書で知ったことを個性として大事にしていくか、なるべく抑えていくよう努めていくか。

大事なことを学べる説明書になりますので、よろしければぜひお試しください。

 

なお、僕は8割チェックがつきました(笑)。

 

おわりに。

中二病取扱説明書

中二病取扱説明書

 

 

昔のことですが、 厨二病取扱説明書を読んでいます(内容はうろ覚え)。

 

こちらも自分に思い当たることが多かったですし、

その時に夢中なものに対してとことん影響を受けるということは間違いはありません。

 

B型と中二病は共通点がもしかすると、あるかもしれません。

しかし、悪いところばかりではありませんので、前向きにとらえましょう。

 

まとめ〜B型自分の説明書を読んで思った4つのこと〜

  1. 全体的にネガティヴな質問で思い当たることがあっても、ストレスなく面白く読める。

  2. 人間はみんな違って当たり前であり、血液型で区分けするのは筋違い。

  3. B型はよろしくないイメージがあるが、人として血液型より本人を見るべき。

  4. 本書を使った方はどう活かすべきかを考えよう。

 

 

おしまい♡

 

【関連記事】

sugachannel.hatenablog.com