読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

みんなで不幸になりがたっている暇があるなら、自分がしあわせになる努力をするべきだろう。 【ネガティヴ注意報】

今日も元気に嫉妬していまーす♡

 

いつもありがとうございます!

 

ネガティヴ系ブロガーのすがちゃんです。

 

本当にネガティヴな記事ですので、ご注意を。

 

苦手な方はこちらのポジティヴ系の記事をごらんください。

sugachannel.hatenablog.com

sugachannel.hatenablog.com

sugachannel.hatenablog.com

 

そろそろ、気づこうよ。

何でみんな同じことをやってんの!?

流行っているからって、みんなが同じものを着て、食べて、遊んでとかさ。

トレンド自体が、すばらしいものだって理解できるよ?…要は売りたいものなんだから。

 

やったうえで、自分に合っていれば、それでよくね?

これをやっていないと遅れているとかで仲間はずれにされる。

 

で、その流行を馬鹿にしてやらずにいると、行動をしなくなる。

つまり、経験をするという機会を自ら失うことになる。

 

もちろん、乗っかった人間は実践したということで、得をする。

そして、トレンドに乗っかる人間を量産型と馬鹿にする。

 

これだけでも足の引っ張り合いをしているのがわかる。

 

 

よぉ〜く、考えてほしい。

集団学習から洗脳されていないか?

もちろん、メリットもあるので、そのすべてが悪いとは言わない。

 

言ってしまえば、経済を回すための社会人を量産するために教育をされている。

そもそも、親が学校教育を受けているから、子どもも当然同じように教わる。

 

みんなが同じことをしていないと弾き者にされるのを子どものころから学習している。

それが大人の世界でもずっと続いている。

 

少しでも変わったことや道をはずれることをすれば、袋たたきにされる。

国のルールではなく、みんなと違うことをしてはいけないという空気だ。

 

また、いじめに関しての話だが、いじめられる人は戦う意志を折られている。

弱肉強食と言えば聞こえは良いが、それが社会人つまり大人になっても続いている。

 

いじめられた側は反撃しては国のルールを破ってしまうとか、

家族や仲間を巻き込んでしまうなど、人生に悪影響を及ぼす悩みを抱えてしまっている。

 

一方、いじめた側は何とも思っていないだろう。

過去にいじめをやって今では成功者であってもだ。

 

こんなことが許されるのか?

 

いじめられる方が悪い。

 

ふざけるな!

 

そんなの絶対に認めてはいけない!

 

反撃しては犯罪になるからと縛られているだけだ。

結局は徹底的に潰し返さないと自分の人生を奪われてしまうんだ。

 

学校でも社会でも常にボイスレコーダーを所持していないとダメなのか?

そんな世の中だから、いつでも反撃の準備していないといけないのだろうか?

 

要は人生の引っ張り合いが生まれる前から始まっているということ。

今では勝ち組だの負け組だの優劣を決めないと気が済まないのも明確になった。

 

みんなと同じことをするのは良いとしても、それはしあわせになることであり、

決して不幸になろうとしてはいけないのに、それが今も続いているのは悲しいことだ。

 

話を戻すが、 学校ではたとえ、そこでは劣等生であってもその人にしかできないことがいくらでもあるはずだ。

決まった教育で才能を潰すのか。グレて道をはずれるのか。理想論だが見合う環境に導くべきだ。

 

 

みんな…知っているか?

 

見えない煙が立つことを、

うわさ

というんだよ。

 

このうわさというのはご近所さん同士の会話のイメージをするだろうけど、

これが悪い意味で、いわゆる口コミとして拡散されると本筋がどんどん歪曲されていく。

 

あることないことで悪者扱いされて世間から除け者にされる。

 

極めて下劣だ。

 

有名人のゴシップなどを見ていればこのあたりは理解できると思う。

そして、犯罪でもない限りは本当に必要な報道なのだろうかと。

 

彼らはイメージ商売と影響力のある人間だからだろうけど、

厳密には足を引っ張りたい人間が必ずしも存在しているというのも間違いはない。

 

何が他人の不幸は蜜の味だ。

そんなものは蜜の味もしなければ、本当のしあわせでもない。

 

他人が堕ちる様を見て、ざまぁみろ!と高みの見物か。

ずっと続いていることだがこれもやめないと不幸になるだけだ。

 

うわさにうわさを重ねて、情報をねじ曲げて他人を陥れる。

で、それをみんなで楽しむ。

 

馬鹿なのか?

 

冗談抜きに言うけど、みんなで不幸になりたがってどうすんの?、いやマジで。

 

 

うわさの話の続きとなると、

2ちゃんねるの存在

が欠かせないだろうか。

 

ネットの匿名性により、世間の言いたいことが可視化されたけど、

代わりに匿名ゆえに信頼性がないから便所の落書きにすぎないということ。

 

これまでなら(厳密には今でも)、報道による印象操作をされていた。

後にSNSなどもあるが、拡散の範囲は驚異的に広まったことは間違いないだろう。

 

 

まとめ

まず、流行に関しては自分に合っていれば実行してみよう。

ただ、違うことをやっている人を攻撃するのはやめよう。

 

もし、違うことをやっている人がすばらしい成果を出したら、

それを成功例として今度はそれをみんなでやればいいだけの話だからだ。

 

その繰り返しで、みんなで成長していけるんじゃないかな?

みんなで不幸になろうという空気がダメだということ。 

 

 

学校教育も社会で生きていくための術だからすばらしいことだ。

一方、その環境で不幸になってしまう人だっていることを忘れてはいけない。

 

いじめに関しては命を奪われる危機なら迷わず逃げよう、助けを求めよう。

勉強だけなら本やネットでいくらでも学習できる。

 

何でも集団行動する必要はないのだ。

誰にだって、自分に合う生き方があるのだから。

 

悪意のある人間は他人の人生を潰そうとしてくる愚か者だ。

しあわせになることを自ら失っている哀しい人間だということに気づいていない。

 

 

他人を陥れるうわさ話は結局は自分を不幸にする偽りの一時的な満足感に過ぎない。

そんなのは本当のしあわせではない。今すぐやめるべきだ。 

 

ネットは匿名性があろうとも発信元はあるのだから、悪意のある発言をすれば犯罪者として捕まる。

それ以前にひとりの人間として責任をもって、言って良いことと悪いことを理解して発言しよう。

 

 

量産型と意識高い

最初の項で触れたことの繰り返しになる。

 

僕はこのように呼ばれている人のことを尊敬している。

よく馬鹿にされている風潮があるけど、彼らは少なくとも実行はしている。

 

やってもいないのに高みの見物で彼らを馬鹿にするやつこそ、愚か者だと思っている。

かつては僕もそうだったが、他人を馬鹿にする暇があったら行動する大切さを学習するべきだ。

 

もし、彼らと違うことをするにしても高みの見物だけでは成長はできない。

代わりに考えた上での行動が必要になるので、それを心がけよう。

 

そして、彼らを見て馬鹿にするようなことは決してしてはいけない。

変わりたくて必死に頑張っている人間の足を引っ張るのはあってはならないことだ。

 

その自覚はあるか…?

 

 

おわりに。

僕は2ちゃんねるは大好きで、元管理人のひろゆき西村博之)氏も尊敬している。 

しかし、ネガティヴ思考が止まらなくなるので、見るのをやめた。

 

同時にまとめ系ニュースサイトも見るのをやめた。

すべてが悪いわけではないけど、やはりネガティヴ思考が止まらない。

 

さすがに怖いから書き込まなかったけど、読んでいると同調してしまうというか…。

 

 

それにしても、ルックスや収入に箔とか何でも優劣をつけたがるのは悪いくせだよね。 

 

競争で成長するのはすばらしいことだけど、その一方で足を引っ張る人間がいる。 

成功者の足を引っ張るくらいなら、嫉妬しまくってこっちがより成功すればいいだけの話なのに。

 

 

それと、僕はいじめられたことがある。

復讐するなら命を奪う以上のことをしてやりたいと思っている。

 

もし、相手に子どもがいるなら目の前でそちらの命を奪いたい。

絶望感を与えてあげたいし、そんな汚れた血族は根絶やしにするべきじゃないか?

 

そうしないと、世界が平和にならないとすら思う。

復讐は何も生まないし、多く見積もってもけじめをつけるだけで終わるだろうけど。

 

また、最大の復讐は自分がしあわせになることだろう。 

いじめられたという呪縛を解き放ち、勝ち残ったこと。

 

繰り返すが、反撃できないなら今すぐ逃げて助けを求めよう。

やり返すのではなく、身の安全を第一に考えるのが最大の突破口だ。

 

戦略的撤退をして、誰よりも成功をすればいい。

 

いじめをした愚か者のことなど眼中にもないし、相手は自然にみじめな気持ちになるはずだ。

願わくば自ら命を絶ってくれれば言うことはないだろう(嫉妬に狂って反撃してくる危険性があるので)。

 

 

僕はまず、しあわせにならないといけない。 

なぜなら、自分がしあわせにならないとみんなにしあわせを共有できないからだ。 

 

さすがに努力するのみだけど、これからも見届けてくれたら幸いだ。

 

 

他人の足を引っ張ったり、いじめをしている人間は今すぐやめること。

 

心の病気だぞ?

さすがに僕はそんな愚か者の不幸は願っているからね? 

 

おしまい♡

 

この記事を書いたのはみんながしあわせになることを願うブロガーです。

実行(発信)するためにまずは自分がしあわせになるとのこと。

sugachannel.hatenablog.com