読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

PPAP(ペンパイナッポーアッポーペン)を真剣に聴いて「乗るしかない。このビッグウェーヴに!」

批判的な意見が強い内容となっています。

 

流行について。

テレビを見ていて、誰もが一度は思ったことがあるはず。

 

「これのどこが良いの?」かと私、すがちゃんは思ったのです。

 

そこでなぜブーム(売り出しているのか?)になっているのかと考えてみましょう。

極論で言えば消費を煽るためにメディアが作っているというのが答えです。

 

しかし、こちらも確認をせず、上っ面の情報を得て遮断するだけでは

思考の停止及び独りよがりな考えに至ってしまうのも事実なのです

(報道やニュースサイトの見出しだけを見て、批判するのと似ていませんか?)。

 

好きな人はごめんなさい。でもダメなものはダメなんです。 

実を言うと、本当にもうしわけないのですが、私はアナと雪の女王が大の苦手です。

理由はヒットが約束されているブランドが主題歌で洗脳のごとく煽ったから。

 

よって、作品を観たいとはまったく思わなかったし、ビタ一文払うもんか!と意地にもなっています。

さらに言えば、どこへ行ってもこの曲が流れるので耳に触れるたびに余計な情報が入って大変でした。

 

作品を観るという本質に触れる前に「必要がない」と自分で判断してしまいました。

それは同時に「考えるのをやめる」、先に言った思考の停止をしてしまったというわけです。

 

「みんながやっているから、自分もやってみようかな。」

横一列になるのは構いません。行動と実践をしているのは間違いないのだから。

 

要は売り出しているものに対して、自分に合うかどうか確認してみて、

少しでも興味を持ったら触れてみるのがベストでしょう。

 

前置きが長くなりましたが、本題です。

もう多くの方がYouTubeにて視聴されているピコ太郎氏のPPAPですが、

最初に朝の報道番組で 見かけたときは空いた口が塞がらず、首を傾げてしまいました。

今までの私なら、即自分には必要がないと情報の遮断をしていたでしょう。

加えて言うと、彼に対することはすべてにおいてノイズ以外の何ものにもならなかったはず。

 

それでは成長ができないので、あえて動画を何回か繰り返して観てみました。

※わざわざ大嫌いなどと言う必要のないアナと雪の女王を取り上げたのはそのためです。

 

「どこが面白いの?」

それで終わってしまってはダメですので、改めて観てみましょう。

www.youtube.com

www.youtube.com

※引用元:ピコ太郎氏の公式チャンネル様より。

 

しかも一度だけ視聴した判断で言わせてもらうと「どこが面白いの?」と。
私には「(見た目)ジャパニーズ・マフィアのボスがおかしいことをやっている」。

数回観て感じたのはそのリズムがクセになるのだけは分かりました。

 

そこでヒットした要因も含めて考えをまとめてみたのがこちらになります。

  1. わかりやすい英語
    ペンとアップルとパイナップルを組み合わせただけ。
  2. 真似しやすい。
    単純だからこそ、モノマネしたくなる(今年の忘年会芸最有力候補)。
  3. 若者に大きな影響を与えるジャスティン・ビーバー氏が取り上げた。
    YouTubeを一番視聴しているのは若い世代である20代とその下の世代。
    比較的に新しいものを取り入れやすいのは新世代である彼ら
    歳を重ねると考えが凝り固まる傾向にありますので、そこを含めて)。
  4. 独特なリズム
    一度だけならあれ?で終わるものの、繰り返して聴いているうちにクセになってくる。
  5. 子どもウケとしてはワンピースの黄猿やクレヨンしんちゃんの組長先生こと園長先生に似ていること。
    アニメのキャラに似ているのは同時に連想させるのは効果としては非常に大きい。

    http://image.topicks.jp/item/image/normal500/774645.jpg?time=

    topicks.jp

    ※引用元:MARBLE(マーブル)様

    http://www.tv-asahi.co.jp/shinchan/character/img/09.png

    www.tv-asahi.co.jp
    ※引用元:テレビ朝日クレヨンしんちゃん公式ホームページ様

 

また、PERFECT HUMANで快進撃のオリエンタルラジオ率いるRADIO FISHとは

同じ芸人の共通点から、かつてのジェロと鼠先輩みたいなイメージがあります。

www.youtube.com

www.youtube.com

www.youtube.com

※引用元:全て公式チャンネル様より。

どれも記憶に残る名作(映像・曲など)です。

 

終わりに。

流行も定着したり、年齢を重ねてから改めて観てみると「こんなのあったな」と思い返すはず。

そこに思い出補正も付きますが、今は受け付けなくともその先で好きになるかも知れません。

 

もちろん、実行した上で苦痛にしかならないようでしたら、

ストレスにしかなりませんので、即座にカットしてください。

 

どんな形であれ売り出している以上、後の名作となる作品なのでしょう。 

それが経済を回すための消費を煽っているだけで終わってしまったとしてもです。

 

少なくとも今年に限るなら、彼のことを取り上げれば色々なことが捗るでしょう。

たとえ彼が一発屋で終わったとしてもその瞬間の輝きは魔法とも言うべきくらいの魅力がある。

だから、ビッグウェーヴに乗って私は成長することを選びました(そして、人はそれを便乗と言います)。

http://kt3k.github.io/d3intro/img/bigwave.jpg

matome.naver.jp

※引用元:NAVERまとめ様

 

お詫び

改めてまして、比較のためとはいえ、アナと雪の女王を観もせずに批判してもうしわけございませんでした。

 

※2016年11月5日追記

まわりの目を気にしては何も書けなくなるのは事実です。

ブログを続けていれば、純粋なファンから信者やアンチの方々もお読みになるでしょう。

上記の繰り返しになりますが、批判する以上は理由を書き、説得力を持たせます。

 

自分のブログなのだから、自分の意見をしっかりと書いていきたい。

気を遣った記事は保守的で結局は皆に好かれたいということでしかないからです。

 

もやしもん2巻でも触れていますが、

(引用)嫌われない生き方をしていると、それがバレた時に嫌われるよ。

 

この記事を書き終わったあと、罪悪感と「悪く思われたらどうしよう…」

という、保守的な考えが同時に襲ってきて、不安になってしまいました。

 

今後も批判はなるべく控えていきますが、必要なときはします。

理由は基本的な方向性として、おすすめして伸ばしていきたいからです。

 

また、私も年齢を重ねたときに批判してしまったアナ雪を観る機会が来るでしょう。

観た後は意外と「こんなに面白いのに過剰宣伝で損している」みたいなことをボヤいているかもしれません。

今はいつかという形になりますが、レビューを書く時は「あの頃は若かった」と

反省しながら執筆できる将来にしていきます。