すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

東京喰種(トーキョーグール)がトレビアンな理由(ワケ)とは。

いつもお読みいただき、ありがとうございます。

 

早くも11月に入りました。

…初冬とも言える寒さになりましたね。

 

みなさん、マンガはお読みですか?

もし、お読みでない場合は本屋さんへダッシュしてください。

そこには人生を豊かにするツールがあるはず…それがマンガです。

…あなたを楽しませるコミックワールドへようこそ。

 

最近、本当に寒い=COOLにかけて楽しみましょう。

お読みになったあとは…みんなグル(仲間)ですよ〜。

 

東京喰種(トーキョーグール)

石田スイ氏のアクションバトル作品です。

姿は人間そのもの…しかし、その人間を食料とする恐るべき怪物がいた!

…それが、食種(グール)です。

 

読書好きの大学生である金木研(かねき・けん)はある事件がきっかけで運命に巻き込まれてしまいますが…。

 

※14巻までのレビューになります。

2016年11月2日までは特定のマンガアプリで3巻まで無料でお読みできますので、

この機会に東京喰種の世界にどっぷりハマってみてはいかがでしょうか。

なお、猟奇的なシーンが多々ありますので、ご注意ください。

(以下、食種=グールと読みます)。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まずは主人公の視点で。

まず、カネキが人間と喰種のハーフになり、間の立場になってしまったからこそ重い展開に。

そして、この手では絶対に避けて通れない不殺さずと、栄養源である人間を食べないこと。

悲しいのは最大の見所でもある、彼が拷問され覚醒して食種として生きる道を選んでしまったことです。

どこか人間味が薄れて、(リゼの影響で)別の生物として染まっていってしまった。

白髪…それに似合わない鍛えられた肉体に暴走するなど、主人公が超強くなってバトルマンガとしてはいいものの…。

他人のために自分を犠牲にしてしまった母親をバックボーンとする生き方が彼自身を苦しめる。

「他人のために頑張る」のは建て前で、結局は自分の居場所のために戦うのか…という考えも出ました。

 

ところで、リゼの匂いがする=女の子の匂いがする男性って…魅力的ですよね。

 

食べ物に関する考えがすごい。

カネキは食種の味覚になったことで、人間の食べ物が食べられなくなりました。

それでも人肉を食べることもできません。栄養源がコーヒーと謎の固形物しかない状態です。

喫茶店「あんていく」を中心に、食種が人間の生活に溶け込む努力の描写があります。

中でも食べ物は毒を口にするようなものだからこそ、訓練が必要なところです。

 

人間の命も奪うのではなく、自ら命を絶ってしまった人を回収するだけ。

これもあくまで、自分の手を下さないということでしょうか。

 

食種にも美食あり。目玉のカットや人間の丸焼きなど、調理をします。

悪趣味だけど、彼らにとっては豪華なごちそうなのです。

 

 東京喰種がトレビアンな理由まとめ。

  1. なんだかんだで、王道バトルマンガとして面白い。
    主人公の覚醒やかつての敵が味方になったり、ライバルもいてお約束もはずさない。
  2. 魅力的なキャラが多い(狂人もいるけど、理由もきちんとしているよ)。
    例えば、真戸さんだって、奥さんのカタキから喰種に対して執拗に興味をもった経緯があるしね。
  3. 赫子(かぐね)やクインケがかっこいい。
    バトルで能力や武器が出てくるとワクワクするよね。
  4. 拷問シーンが痛々しいけど、覚醒の儀式(自分を見つめ直し、これからを決断する)でもあった。
  5. どちらかを取るしかない選択肢が人生を左右する時にどうするべきか考えさせられた。
    カネキは半端者でいられなくなってしまったため、喰種としての生き方を選んだ。
    それは人を守れるように。自分の居場所を守るために決めたことだ。
  6. 他人がどうこうではなく、自分がどう生きたいのかともう一度見直すべきだということ。 
  7. 巻数を追うごとに絵柄が綺麗になる。
    カネキを見本に確認すると、あら不思議…。顔がだいぶ違うことに気づくはず。
  8. 食べることに対して、訓練するという考え。
    テレビで取り上げられたアレルギーに対するトレーニングや
    バイバルでの食べられるかどうかのチェックがこれに通じます。
    我々の場合、一度でもダメだったものは食わず嫌いとかになっていませんか?
  9. 個人として「理解者になったときにどうするべき」か。
    立場が違っても関係ありません。自身が人に対してどうしたいか。
    作中のように愛しいと思うなら、それを貫ければ良い。リスクなんか気にしないで。

 

終わりに。

新章も近いうちに読んで、どっぷり語りたいです。 

エピローグも少なくとも亜門さんだけは生存していて、絶対回収されて人工喰種手術しただろうと思ったけど…。

それに隻眼の梟こと店長の娘やリゼなど、謎解き要素がたっぷりとありますね…。

 

こんな気持ちにさせるなんて…くやしいっ!でもっ!…感じません(笑)。

この作品に限らず、もっとマンガを読ませてください。

…生涯かけて読みつくしますので。

 

楽しんで思ったことを発信して、共有しましょう!