読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すがちゃんねる・謎の勇者ブログ

聖遺物・黒魔装束・伝記などの研究をしている探求者…という設定の雑記ブログです。

空気を読む必要はない。喰王〜クウキング〜こそ、読むべきだ…!

もうね、外の空気は冷えるから!中で暖かくして過ごしましょうよ!

土山しげる先生のグルメマンガの安心感で心もポカポカですよ!

 

キャバクラの店長・くわもんこと、桑瀬主水(くわせもんど)がグルメを中心に

店の女の子たちやスタッフとのやりとりなどが描かれています。

 

※水商売を取り扱っている作品ですが、露骨な性描写はありません

 

さて、と…空気を読まずにレビューを始めます…よ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人情話が泣ける。

キャストさんたちも訳ありで素性を明かしたくない人も勤めています。

素行不良だったものの、くわもんに叱られることで人の道を完全に踏みはずさずに済んだ子や、

結婚資金を貯めるため必死に働くカップルのエピソードは泣けました。

 

この作品としての枠がグルメだからこそ、いわゆるアウトロー的な描写がありません

夜のお店が舞台ですが、鬱になるエピソードがないため安心して読めます。

 

主人公・くわもんが有能すぎる。

スタッフ全員をまとめる人間=リーダーだから当然なのかもしれませんが。

 

無理して女の子に当てているキャバクラ初心者にサラ金を使ってまで通うところではない!と注告したり、

普段は出していない焼きそばを急遽準備(信頼できる人脈も多くいる)するなど、無理難題の要望に応える。

時にはお客さまの接待をサポートしたりも。

 

ライバル店の店長の競う気持ちは良いけど、人として小さいです…ので、

くわもんの器の大きさからもう決着がついていました。

特にカレー勝負で金の力で元三ツ星シェフを雇ったのはいいものの、

キャバクラは酒がメインにも関わらず、おつまみではなく食事を出してしまい完敗。

お客さま第一視点になっていれば、この重大なミスはしなかったはず。

なお、くわもんは串カツにカレーソースをつけるというおつまみを出しました。

…町おこしというお題で、おいしさ以上に楽しさが出ていた。

 

このあたりもくわもんの敏腕さがうかがえました。

 

この人…どこかで…?

某女性芸能人がモデルになっているキャラも作品設定を考えればピッタリですね。

源氏名ハニートラップなど、芸名にかけていて色々と凝っていました。

彼女の食事の描写などは元ネタはある以上はオマージュでしょう。

最後に歌手デビューというのも、もしも本人が…と思うのも面白いですね。

 

ちょっとだけよ?

余談ですが、私もサービス業を経験しているので、言える範囲内でのことを挙げます。

◯その場の稼ぎより、リピーターを増やすこと。

◯思った以上の金額にならないようにする(その時点での精算額の伝票を見せる)。

◯基本的に持ち込み代は取らない(臨機応変)。

◯お客さまのご要望(わがままの範囲内まで)はできる限り聞くこと。

 

なお、当ブログでのサービスはマンガをお読みくださいとおすすめすることです。

今後もよろしくお願いいたします。